【タイプ別】Instagramの3つのキャンペーン事例と具体的な手順


今や日本国内のユーザー数が3300万にも登るインスタグラム。

日本人の4人に1人が利用するSNSとなり、アクティブユーザーに向けて、自社の製品をアピールする企業も増加してきています。

企業がユーザーへ訴求する施策のひとつに、インスタグラム内でキャンペーンを実施するマーケティングも行われています。

ブランディングや製品の認知拡大など、企業がインスタグラムでキャンペーンを行う理由は様々です。

そこで今回は、企業がインスタグラムキャンペーンを行う際の具体的なやり方を説明し、タイプ別の3つの事例をご紹介していきます。

企業がインスタグラムでキャンペーンをする3つのメリット

まずは企業がインスタグラムでキャンペーンをする3つのメリットについてご紹介していきましょう。

以下の3つのがキャンペーンを行うメリットです。

・インスタグラムからの消費者が増加する

・特定のユーザー層にアカウントをリーチできる

・ユーザーの購買意欲を高めやすい

それぞれご説明していきましょう。

 インスタグラムからの消費者が増加する

インスタグラムで企業がキャンペーンをするメリットの1つは、インスタグラムを経由して消費者が増加する点です。

マーケティングの活用方法として利用されるインスタグラムでは、利用者が急増しており、全世界で10億人を突破しました。

日本だけでも3300万人のユーザーが利用しているため、施策をうまく成功させることができれば、インスタグラム経由で製品の販売に繋げられるでしょう。

例えば、シャンプーや化粧品といったボディケア商品を販売するBOTANISTは、下記のように定期的にインスタグラムユーザに向けて、キャンペーン企画を実施しています。

https://www.instagram.com/botanist_official/?hl=ja

キャンペーン企画を実施することで、インスタグラムユーザーとの接点を持ちつつ、SNSを活用したネット販売を行っています。

キャンペーン企画をきっかけに消費者を増加させられるでしょう。

 特定のユーザー層にアカウントをリーチできる

2つ目のメリットとして特定のユーザー層にアカウントをリーチさせることができます。

今まで企業からユーザーにアプローチをする方法として、テレビCMやラジオといった不特定多数の顧客に向けて、発信を行っていました。

インターネットの普及と共に、今までのマス的な発信とは違った、特定のターゲットに訴求させることも可能となってきています。

SNSでは投稿の際のハッシュタグ選定やユーザー同士の口コミなど、情報が広まりやすいコミュニケーションを個人間が取りやすくなりました。

インスタグラムのキャンペーン企画も潜在的な特定のユーザー層に訴求できるため、企業の実施が増加しています。

 ユーザーの購買意欲を高めやすい

3つ目はユーザーの購買意欲を高めやすいのもメリットです。

テキストが主流のTwitterとは違い、写真や動画、最近ではリアルタイムで発信できるストーリーズやインスタライブなどインスタグラムでは発信の形態が他のSNSと比べて独自的です。

なので、写真や動画で発信するインスタグラムでは、テキストベースのSNSとは違い人の心を動かしやすいクリエイティヴを演出しやすいので、ユーザーの購買意欲を高められます。

インスタグラムキャンペーンの具体的な3つの手順とコツ

って、この後に設定するキャンペーンの具体的な内容も変わります。

なので、自社の現在の状況を分析すると、キャンペーンを通して解決する課題を洗い出せるため、目的を明確化する際には分析が重要項目です。

定性的な目標設定はキャンペーン実施前には決定しておくようにしましょう。

 KPIやターゲットなどキャンペーン内容決定

続いては、KPIやターゲットなどキャンペーン内容を決定します。

事前に決めた目的に沿って、リーチ数をどのような数値に設定するのか、キャンペーンを具体的にどのようなターゲットに訴求させるのかを明確にしましょう。

その際、

・キャンペーンに使える予算

・ユーザーが受け取るメリット

・キャンペーン期間

・人的リソースの配分

など、キャンペーンに関わる内訳も決めておくとキャンペーン実行をスムーズに行えます。

また、インスタグラム内で利用するハッシュタグやユーザーの参加方式なども決定しておくことが望ましいでしょう。

 キャンペーン実施→効果測定

内容を決定すると、決めた工程に従いキャンペーンを実施します。

キャンペーン実施後は、ユーザーの参加方法にて課題はあったか、設定したKPIを達成した要因はなんだったか、失敗したのであれば目標設定のミスはどこにあったのか、効果を分析することも重要です。

【タイプ別】インスタグラムのキャンペーン成功事例

インスタグラムのキャンペーン成功事例をタイプ別にご紹介します。

主にキャンペーンの種類は3つあり以下です。

・ユーザー参加型

・O2O型

・クロスメディア型

それぞれキャンペーン企画ではありますが、異なる手法を使っています。

タイプ別に事例を紹介していきましょう。アカウントを

 ユーザー参加型:GAP

ユーザー参加型キャンペーンは、ハッシュタグを活用したキャンペーンで、ユーザーからアクションを貰いやすい特徴があります。

アカウントのフォローやタグ付け投稿などを参加条件とし、ユーザーに向けてキャンペーンを行います。

ユーザー参加型キャンペーンの代表的な例として、2015年にGAPがインスタグラムを活用してリレー形式で参加を促したキャンペーン#ガールズエンパワーメントがあります。

出展元:ガールズエンパワーメント|Instagramリレーに参加しよう

キャンペーン内容は、吹き出しのコメントでユーザーが自分の情熱のあるものを書き込み、キャプションやタグ付けにて友人などを3名指名してリレー形式で行いました。

プレゼントには吹き出しのコメントがついた小冊子を抽選でお届けする内容でした。

ユーザー参加型は、ユーザーに参加してもらうための導線設計が重要であり、ユーザーが参加するメリットが強いほどアクション数は増加します。

ユーザー参加型でキャンペーンを実施する際は、ユーザーが参加するハードルと参加するための導線設計を入念に確認することが望ましいでしょう。

 O2O型:ピジョン

続いてのキャンペーンのタイプはO2O型です。

O2O(Online  To Offline)は、インターネットと実店舗を連動させてキャンペーンを行う手法で、オンラインのインスタグラムとオフラインの店舗を活用してユーザーのアクションを促します。

O2O型は、アパレル店や飲食店、商品メーカーといった実店舗をメインにビジネスをしている企業で行われる傾向にあり、代表的な例は、ベビーカーを販売するビジョンです。

出展元:Pigeon|finoアンバサダー大募集

ピジョンが活用したインスタグラムキャンペーンでは、販売しているベビーカーfinoのアンバサダーをインスタグラム内で決定し、選ばれたユーザーにベビーカーをプレゼントする内容でした。

O2O型では、ビジョンのようにユーザーに実際に自社の商品を活用してもらい、PRしてもらうという手法もできます。

さらに、クーポンの配布などもインスタグラム内でもできるため、新規の顧客獲得をメインに考えている場合、適切な効果を見込める可能性があるでしょう。

 クロスメディア型:カルピスウォーター

クロスメディア型とは、1つの媒体でキャンペーンを行うのではなく、複数のメディアを活用してユーザーにアクションしてもらう手法です。

インスタグラムだけの媒体を利用するのではなく、TwitterやFacebook、YoutubeやTikTokといった様々な媒体を利用することで、ユーザーに参加してもらいます。

クロスメディア型の代表的なキャンペーン事例では、アサヒ飲料株式会社が2015年に開催した「カルピスウォーターキュン飲みフォトコンテスト」です。

出展元:「カルピスウォーター」キュン飲みフォトコンテスト|アサヒ飲料株式会社ニュースリリース

このキャンペーンでは、自分たちが撮影した写真に#カルビスウォーターキュン飲み カルビスウォーターを直接タグ付けし、ツイッターまたはインスタグラムに投稿することでユーザーの参加を促しました。

審査を通過したユーザーの写真には、特設サイトに掲載され、最優秀賞にはオリジナルデジタルコンテンツがプレゼントされました。

別の媒体も合わせて活用することで、多くの参加ユーザーを集めることができ、自社ブランドの認知度を促進できます。

クロス型メディアは、キャンペーンの規模としては大きく、ユーザーの参加意欲を高められる手法でしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?

インスタグラムのキャンペーンを活用すると、フォロワーと接点を持つことができ、自社を宣伝することができます。

株式会社woowでは、SNSの運用代行を承っています。

これからキャンペーン実施などを検討している方は、お問い合わせページから気軽にご連絡くださいませ。